ハイエース

2014年1月29日 (水)

ぬりぬり

雪が降る前に換えていたスタッドレスタイヤ。

以前から気になっていたコレ。
P1170708
そう、サビサビのホイールハブ。
これはいかんでしょう。

サンドペーパーで錆びを落として

こいつで
P1170725

プシューって
P1170716
黒くする。(ちょっとタレちゃったのは内緒デス)

これで錆も防げるけれど、割りピンもむき出しなんで

ついでにセンターキャップも付けることに。

WEDS ADVENTUREの赤、一番薄いやつ。
P1170720
こんなカンジでずいぶん印象が違う。

4本ともつけて出来上がり。
P1170721

2013年9月17日 (火)

ハイエース 床張り その3

いよいよ仕上げ。

コンパネを並べてクッションフロアを貼る。
クルマの中でやると無駄に汚れない。

はーすけは両面テープを使用。
すぐくっつくからボンドみたいに乾くまで待たなくて良い。

最後にクッションフロアのふちを切り取るんだけど、ここでもポイントが。

端ギリギリで切り取らず、1~3cmぐらい残す。
壁際は1cm、バックドアやステップ部分は3cm以上。

壁際
P1130974
ゴミや砂、水分など、多少こぼれても下に入りにくい。

少し小さく切ったコンパネ、隙間があっても全く動かなくなる。
P1130975

バックドア
P1130980
長めに切って
P1130982
下に巻き込むと何にも処理しなくても綺麗に見える。

ステップ
P1130979
きっちり切っちゃってコンパネが見えちゃってる。
縁取りつけてもいいけど面倒なのでそのままに・・・。

余ったクッションフロアはステップに貼る。
DXは鉄板むき出し、GLの人はやらなくてもカバー付いてる。

コンパネの固定について
鉄板ビスでとめちゃう人もいますが、お好みでどうぞ。
錆びとか後々のこと考えてはーすけは置いてあるだけ。

ちなみに今回の写真は完成して1年半以上たってから撮ったもの。
全部外して大掃除できたので良かった。
あと、隙間から砂や水が入った形跡が確認できたので簡単に外して掃除できる仕様がいいなと再確認。

作ってて苦労したのはやっぱり後部座席の足の入る部分。
P1130967

P1130966

P1130954

実は気に入らなくて前の2枚は作り直してます。
おかげで非常に満足できる仕上がり。
しかしここからゴミがいっぱい入るんだな~。

最後にも1回全体を。
P1130965

1日1時間ぐらいずつ作業して1ヶ月かからずに出来ました。
(雨の日は作業なし、2枚の作り直しを含む)

マサユキ君も頑張って~happy01

2013年9月16日 (月)

ハイエース 床貼り その2

さて、続きです。

コツって言っても簡単なことで、キッチリやり過ぎないこと。

ちょっと小さいぐらいで丁度良い。

理由は後ほど。

さて、型取りできたらコンパネを並べて上に敷く。

コンパネの並べ方ですが、
田の字
横向きで並べる
前後で横向きと縦向きを変える
などいろいろあるけれど、自分の使いたいように使えばいいんじゃない?
はーすけは都合により横向きに。

P1130933
型に沿って鉛筆(4B)でなぞっていく。
ペンだとはっきり見えてよいけれど、切った後もよく目立つ。

あとはジグソーなり鋸なりで切っていく。
P1130949
はーすけは直線は普通の鋸で切り、曲線は回し挽鋸で切りました。
コレが効率がいいし、綺麗に切れる。
まぁ一番いいのはジグソー使うことだけど・・・。

一番前はエンジンルームの張り出しがあるので逃げを作る。
P1130958
これやんないとガタガタするか斜めになる。

全部切り出すとこうなる(裏返しですが)
P1130934

コンパネを横向きに使った理由はこの穴や溝。
P1130939
はーすけ号は9人乗りで、後部座席が2列ある。
で、シートの足が邪魔でコンパネが敷きにくかったんよ。

ハイエースの荷室はプレスラインが入っていて、結構凸凹。
コンパネを切っただけでは収まりがよくない。
P1130946
あまった端材をボンドで貼って微調整。

ここで重要な仕上げの作業。

実はキッチリ作り過ぎると、荷室に収まらない。
もしくは仮合わせしたら外せない、なんてことに!
内側の塗装は結構簡単に剥げる。

サイズを5mmぐらい小さく作って丁度良い。
そして、特に下側をテーパー状に削っておくとすごく収まりが良くなる。
使うのは木工やすり。
ガリガリやっちゃってくだされ。

つづく

2013年9月15日 (日)

ハイエース 床張り その1

まずは掃除。
荷物下ろして、箒で掃く。
綺麗好きな人は雑巾がけもやっちゃってくだされ。
P1130925 
泥や水やオイルもこぼれてるので結構汚い。

床の下になるので見えないからいいやって人は適当に。

次は型取り
P1130928
新聞を適当に並べてテープで貼り合わせる。
ほんとに適当でOK。

余分なところはちぎってしまえばやりやすい。
これが新聞の良いところ。

で、マジックで線を引く。
P1130929
角に押し当てる感じで引けばOK。

線に沿ってハサミでカット。
P1130932
コレを室内全部の部分でやる。

周囲だけでなく、リヤシートの足が入る溝も型取りする。

それでも30分もかからず出来るかな。

これ、実はコツがあって・・・



つづく

2013年9月13日 (金)

ハイエース 床張り 準備編

待ってた方、遅くなりました。床張りupします。

お金のある人は○グショーなどに頼めばいい。
バイク買ってハイエースまで買っちゃうとそんな余裕はない。
でも床張りしてあるとバイクの積み込みも楽だし、荷物も片付ける気になる。
P1130950
子供は「お部屋みたい」って喜んでる。

まずは床張りに必要なもの。

コンパネ4枚、厚さは9mmでも12mmでも可
ジグソーまたは廻し挽鋸(まわしびきのこぎり)
ドリル(刃は10mm)
クッションフロア幅1800mm×3m
クッションフロア用接着剤または両面テープ
新聞紙(型取り用)
木工用やすり


こんなところでしょうか。

はーすけの場合

コンパネは12mm 

これしか売ってなかった。9mmの方が作業は楽なはず。
質はお店によりだいぶ違うみたいで数店回りました。
ひどいのはささくれができやすく、手や足に刺さる。
仕上げも綺麗にできない。
なるべく表面が滑らかで丈夫な板を探しましょう。
贅沢して建築用の床材使うって人もいます。

ジグソーはこれ以外使うことがないのに数千円も出せないので却下。
回し挽鋸は500円ぐらいのやつ。
Photo
細長くて曲線を切る専用。
音が気になる人もパワーツールは使えません。
作業効率は雲泥の差ですが・・・
ドリルはジグソーや回し挽鋸の最初に入れる穴を開ける。
すべて端から切り始められるなら不要。
手持ちのがあったのでそれを使用。

クッションフロアは床の仕上げに、今回は明るい木目を選択。
コレで車内の印象が変わるのでお好みの模様や色をどうぞ。
本格的にやるならポンリューム?っていう丈夫な素材があるみたい。
クッションフロアは引っ掛けると破れやすい。

しかし、破れたら模様替えのチャンスとも考えられる。
新聞紙は型取り用。
ブルーシートや厚紙を使う人もいる。
木工やすりは切断面を整えるのに使用。
ジグソーで切り出せば綺麗に仕上がるかもしれませんが、あれば便利。

その他には
時間
やる気
音がしても大丈夫な環境
コンパネを広げられる場所


じつはこの4つが重要かもしれない。


つづく

2013年4月 7日 (日)

タイヤ交換おまけ2

昨日はMASAさんに教えてもらったことを実行しました。

片付けたタイヤをまた引っ張り出して、入れたばかりの空気を抜きます。

P1100431
大体で良いでしょうということでエアチャックで調整。
規定の半分の1.7kg/cm2ぐらいにしました。もう少し抜いても良さそうです。

この後、近所でガスガスの練習。

しかし、10分もしないうちに雨が降ってきました。
ターンのイメージが掴めてきたところで終了。

家の近くだと心が折れるのが早いです。

2013年4月 5日 (金)

タイヤ交換 おまけ

タイヤを換えたら来シーズンのために洗います。

P1100369

普通にブラシでゴシゴシやります。
P1100370
このホイールは洗いやすい。
ノーマルの鉄チンは凸凹が多くて結構面倒。

エアブローで水分を飛ばしたら仕上げにコレ。
P1100371
以前はアーマオールを使っていましたが、手動でスプレーするのが面倒なことと成分はどちらもシリコンオイルだったので変更しました。
いろいろなメーカーから出てますが一番安いのを購入。

プシューッとやってしばらく放置。
P1100372

シュワシュワーっと
P1100373

泡が消えていき綺麗になります。
P1100376
そのままでも良いのですが、はーすけはボロ布で拭きます。
仕上がりが格段に綺麗になります。

洗っただけの裏面との比較。
P1100379
もちろん後で裏もやりますよ。綺麗になるのはおまけで、距離を走らないはーすけはゴムの劣化を少しでも防ぎたいのです。

コチラも1時間弱で完成。

片付けておしまいです。

2013年4月 3日 (水)

タイヤ交換

春も到来し、そろそろ換えなきゃと思っていたスタッドレスタイヤ。
お店でやってもらっても良いのですが、筋トレと運動不足解消を兼ねて、自分でやります。

まず夏用タイヤを引っ張り出します。
P1100316_2
3シーズン目に突入。

ハイエースDXのジャッキはここにあります。
P1100317
スーパーGLはセカンドシートの下ですね。

テレスコピックタイプのジャッキで、クランクも組み立て式。
P1100318

リヤはリーフを留めている金具の出っ張りにかけます。
P1100320

外したタイヤ。
P1100322
3シーズン、約12000km使いましたがまだまだ溝はあります。
通勤が近いので減るよりも劣化するほうが早い。
最後はいつもスローパンクチャーです。

ノーマルタイヤを着けてホイールキャップをはめれば完成。
P1100326

フロントはここにジャッキをかけます。
P1100331

タイヤを外すとハブはサビサビです。
P1100336
ハズレなのか防錆塗装が不十分。
リヤはちゃんとやってあります。

P1100334
フロントタイヤも溝はたっぷりです。

タイヤを外したついでにブレーキパッドも点検しておきます(見るだけですが)。
P1100337
問題なし。

コチラもタイヤをつけてキャップをはめます。
P1100352
で、空気圧。
ダッシュボード側面にシールが貼ってあります。
P1100354

P1100355
バン用の
タイヤ空気圧は乗用車用よりかなり高いです。
セローとガスガスと荷物いろいろ載せても500kgにはなりませんが、はーすけは高めが好きなので4輪とも軽積載より1割多めの3.8kg/cm2入れます。
標準ではフロントの内側ばっかり早く減りませんか?

コンプレッサー登場。

P1100357
もらい物で1.5馬力くらいのやつです。

P1100361
プシュプシュやってトータル1時間弱で完成。

P1100353_2
はーすけ号はタイヤも車高もノーマルです。
ディーゼルなので気にしてませんが、燃費も多少良くなるでしょう。

その他のカテゴリー

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ